現在位置:

ホーム > 青龍寺について

このページの本文

daibutu40

青龍寺について

青森市郊外、桑原の地に横たわる稲山は、春には山桜と新緑がみごとな彩りをなし、秋には錦を織りなす。まるで一隻の屏風のような稲山の眼下には日本の原風景を思わせる田園風景が広がっています。

開山織田隆弘師は仏法興隆への篤い思いと「伽藍が無言の説法をする」との揺るぎない信念から、自然豊かな桑原の地に一大霊場を開くことを決意されました。昭和57年、高野山東京別院旧書院を譲り受け移築復元し、昭和59年には隆弘師の大願が結実し、稲山中腹に日本最大の青銅座像仏、昭和大仏造立が成り、平成4年には金堂建立と大事業を続けざまに成満されました。その年の大晦日、計画が進められていた五重塔建立の完遂を遺言され、卒然と遷化されました。以降隆弘師の遺志を継ぎ伽藍整備事業が進められ、平成8年に東日本最大の木造五重塔を建立、平成12年には高野山青森別院(大師堂)建立、平成18年には隆弘師を祀る開山堂が建立され、次第に輪奐の美が整って参りました。今尚、より多くの人々に伽藍の説法をお聞きいただけるよう整備事業を継続しております。同時に少しでも多くの方々より豊かな人生を歩む指針となる仏教に触れていただけるよう門戸を開いております。

開山時間

  • 4月~10月: 午前8時から午後5時30分
  • 11月~3月: 午前9時から午後4時30分
  • 年中無休 無料駐車場(300台収容)

参拝料

  • 大人(大学生以上): 400円
  • 小人(小学生以上): 200円
  • 大人団体割引15名以上: 大人350円、小人150円

東北三十六不動尊霊場会第十八番札所
全仏山 青龍寺

〒030-0935 青森市大字桑原字山崎45
TEL 017-726-2312 Fax 017-726-2124

津軽弘法大師霊場会第十六番札所
高野山青森別院

〒030-0935 青森市大字桑原字山崎45-2
TEL 017-726-1300

Copyright(C) 2013 Seiryuji temple All Rights Reserved.