現在位置:

ホーム > 境内ご案内 > 厄除け不動尊

このページの本文

seiryuji19

厄除け不動尊

「是の大明王は大威力あり。大悲の徳の故に金剛石に座し、大智慧の故に大火炎を現じ、大智の剣を執って貪瞋痴を害し、三昧の索を持して難伏の者を縛す。」(『仏説聖不動経』)

右手に剣を執り、左手に羂索を持ち、背中に大火炎を背負い、忿怒の形相を示して、矜羯羅童子、制吒迦童子の二童子を従える不動明王。柔和なお姿の諸仏諸菩薩に対し、不動明王はまるで異形の姿と言えます。しかしこの姿は大日如来が衆生教化のために忿怒身へ姿を変えた使者(教令輪身きょうりょうりんじん)であり、内に大慈悲を宿し、大威力をもって衆生を済度し、仏の教えに導いてくれる心強い尊格なのです。また、弘法大師が唐より日本へ初めて招来した仏さまでもあります。不動明王が仏道を歩む者を守護してくれる仏であることから、青龍寺では様々な災厄を除く厄除不動尊として親しまれています。

東北三十六不動尊霊場第十八番札所

青龍寺は東北三十六不動尊霊場十八番札所として不動信仰を今に伝える霊場です。特に十三番から十八番札所までの青森県内6ヶ寺は、忍辱波羅蜜(にんにくはらみつ)の修行道場とされております。昭和大仏の基壇にも刻まれている六波羅蜜は仏教における尊い修行徳目です。忍辱波羅蜜は「耐え忍ぶ」ということ。不動明王を参拝される時は、「耐え忍ぶ」心をあらためて自心に刻み、何よりのご利益として日々大切に持ち続けていただきたいと思います。

ご真言

不動明王 のうまくさんまんだばざらだん せんだまかろしゃだそわたやうんたらたかんまん

開山時間

  • 4月~10月: 午前8時から午後5時30分
  • 11月~3月: 午前9時から午後4時30分
  • 年中無休 無料駐車場(300台収容)

参拝料

  • 大人(大学生以上): 400円
  • 小人(小学生以上): 200円
  • 大人団体割引15名以上: 大人350円、小人150円

東北三十六不動尊霊場会第十八番札所
全仏山 青龍寺

〒030-0935 青森市大字桑原字山崎45
TEL 017-726-2312 Fax 017-726-2124

津軽弘法大師霊場会第十六番札所
高野山青森別院

〒030-0935 青森市大字桑原字山崎45-2
TEL 017-726-1300

Copyright(C) 2013 Seiryuji temple All Rights Reserved.