現在位置:

ホーム > お知らせ一覧 > kechienangya02

このページの本文

kechienangya02

高野山結縁行脚

【高野山結縁行脚(けちえんあんぎゃ)とは】

平成27年4月2日から高野山開創1200年記念大法会が盛大に執り行われます。この記念すべき大法会に向けて、聖地高野山と全国の皆さまとのご縁を結んでいただくべく、平成26年4月6日、北海道を出発し、高野山結縁行脚隊が一年をかけて全国各所を巡ります。
高野山結縁行脚のご本尊さまには、お大師さまの飛行三鈷をモチーフとした「祈念三鈷」と、高野霊木の「撫で三鈷」、奥之院に輝き続ける「不滅の聖燈」を奉戴します。
各所を巡る行脚の中で、三鈷の功徳にふれ、聖燈の浄火に照らされて、高野山とのご縁を結ばれるとともに、皆さまの祈りを、お大師さまのもと、高野山へお届けいたしましょう。

【祈念三鈷(大師の飛行三鈷)】

お大師さまが唐より帰国の際、明州(現在の寧波)の浜から密教法具の一種である三鈷杵を高く投げたところ、万里の蒼海を越えて東の空へ向かって矢のように飛び去りました。帰国の後、修行道場の地を探していると、高野山の松(現在、三鈷の松)に懸っていたのをみつけ、この地に大伽藍の建立を決心されました。
お大師さまが高野山とのご縁を結びましたように、祈念三鈷は皆さまの祈りを乗せて聖地高野山を目指します。

【不滅の聖燈(しょうとう)】

高野山奥之院に1000年近くもの間、連綿と輝き続ける不滅の聖燈。この聖燈は、高野山にご入定なされております、お大師さまの永遠の“いのち”そのものであります。お大師さまをお慕いし、祈りを捧げる皆さまの心の燈火でもあります。
不滅の聖燈を奥之院より分燈奉戴し、高野山結縁行脚隊が皆さまのもとへお届けします。

開山時間

  • 4月~10月: 午前8時から午後5時30分
  • 11月~3月: 午前9時から午後4時30分
  • 年中無休 無料駐車場(300台収容)

参拝料

  • 大人(大学生以上): 400円
  • 小人(小学生以上): 200円
  • 大人団体割引15名以上: 大人350円、小人150円

東北三十六不動尊霊場会第十八番札所
全仏山 青龍寺

〒030-0935 青森市大字桑原字山崎45
TEL 017-726-2312 Fax 017-726-2124

津軽弘法大師霊場会第十六番札所
高野山青森別院

〒030-0935 青森市大字桑原字山崎45-2
TEL 017-726-1300

Copyright(C) 2013 Seiryuji temple All Rights Reserved.